太ることがバストアップの最短ルート?

バストアップ

バストのふくよかな女性は魅力的ですね。バストアップ法は一年を通して女性雑誌を賑わせていますし、女性たちも一生懸命豆乳を飲んだり、バストアップ体操を行っています。

しかし、正直言っていいですか?豆乳ごときじゃ胸は育ちませんし、都市伝説みたいに彼氏さんがいるからと言って、大きくなったりしないです。もちろん、育ち盛りの時に栄養を摂ったり刺激を与えるのは確かにバストアップにつながるかもしれませんが、あくまでも微々たる変化だと思います。

実際、周りの友人たち、もといバストアップ法信奉者たちはどちらかというとスレンダー、もうちょっと言うとあまり胸元の空いた洋服は似合わない体型でした。じゃあ、どうしたらいいのかということなんですが、実はとても簡単です。

バストアップの近道は太ること

それは「太る」ことです。以前グラビアアイドルさんが言っていたのですが、まずはお肉をつけることが、バストアップには一番の近道だそうで、実際これは効果覿面でした。お忘れかもしれませんが胸というのは「脂肪」です。脂肪を簡単に付けるにはまず太ること、肥満になることなんです。

そしてそこから胸だけ減らさないようにエクササイズを用いて減量をしていきます。でも不思議と人によっては食べてもお腹だけに肉がつく人がいるのですが、そんな方はリンゴ、とろろ昆布、納豆などの胸を育てる食べ物を調べて食べてください。

大豆製品などで摂取できるイソフラボンはサプリでも効率的に摂取できるといわれています。ただ効き目は個人差があって、効果があるという人・ないという人がいるので、自己責任で買う必要がありますね。

⇒人気のバストアップサプリのハニーココは効果なしなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です